未分類 - Aquarius

10月にフェア開催 



上は2017年3月28日、NASAの太陽観測衛星が撮った写真です。

http://mgz.sharejapan.org/2017/06/signs/575

羽を広げた白い物体はデーヴァ(自然界の天使)であるかもしれません。

これまでNASAの写真に似た物体が写った場合、デーヴァであることをベンジャミン・クレーム氏の師であった覚者が確認されています。

下は2016年6月9日撮影の写真です。



http://mgz.sharejapan.org/wp-content/bn201607/sinews/current_issue_index/magazines/yz1th8/t1vhdg/kbcjqf.html

================================



http://sharejapan.org/

10月に東京、大阪、名古屋でシェア・インターナショナル フェアが開催され、クレーム氏のリトグラフ絵画が展示されます。

http://sharejapan.org/special_fair

フェアでは「現代の曼荼羅と不朽の知恵の教え」と題した石川道子氏によるスペシャルトークが行われます。

トークは定員100人であるようです。

会場によって内容は変わるようですが、クレーム氏の講演の録画上映と伝導瞑想ワークショップも予定されているとのことです。


東京  10月7日(土)・8日(日)・9日(月) 
     朝日スクエア (有楽町朝日ホール11F) 

     スペシャルトーク 
     10月8日(日)・10月9日(月) 13:00~15:00


大阪  10月14日(土)・15日(日) OMMビル 2F 展示ホールF

     スペシャルトーク 
     10月14日(土) ・10月15日(日) 13:00~15:00


名古屋  10月19日(木) ウインクあいち 9F 901会議室

      スペシャルトーク
      10月19日(木) 18:00~20:00 

http://sharejapan.org/special_fair_schedule
スポンサーサイト

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

エーテル体? 



肉体の他に私たちは固体物質より精妙なエーテル体があるとのことです。

エーテルレベルにあるものを見ることができる人は今のところ、限られているようです。

普通は見えないものと考えたほうが良いようですが、ビデオなどに映ることがたまにあるのでしょうか。

死んた人のエーテル体と思われる映像がユーチューブにありました。

一つはタイでタイで起きた交通事故を監視カメラが捉えたものです。

バイクに乗った女性が車に衝突し、即死しますが、その後、死体の近くに黒い人影が現れます。

動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=PyZp5173NGE

もう一つは中国の病院のベッドに横たわった女性の死体の映像です。

エーテル体が起き上がり、上のほうに消えていくように見えます。

動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=FZlOn-uFUmw

ベンジャミン・クレーム氏によると、エーテル体の中にはアストラル(情緒)体とメンタル体があり、死後、人間はアストラル界、それからメンタル界で過ごします。

死後の経験は個人の進化段階によって決まるので、人それぞれであるようです。
http://mgz.sharejapan.org/2017/06/q-and-a/567

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

聖灰とリンガム 



写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2011/2011-11.htm

死後、意識はそのまま持続し、私たちは生き続ける。

肉体レベルでは存在しなくても、別次元での生命がある。

このことを証明するかのようにスワミ・プレマナンダの死後5か月、大聖のアシュラムで奇跡が起きました。

2011年7月17日、午後3時にスワミ・プレマナンダの写真と彼が使っていた椅子が聖灰で覆われているのが見つかりました。

聖灰のヴィブーティはサンスクリット語で力、偉大さ、繁栄などを意味するようです。

http://www.sathyasai.or.jp/about/bluebook/w_vibhuti.html

インドのトリッチーにあるアシュラムでは今でも奇跡が続いているようです。



今年行われたヒンドゥー教の祭りマハー・シヴァラートリーではスワミ・プレマナンダの像が聖灰で覆われていたとのこと。

2017年2月24日午後8時半には3個のリンガムが像の前に現れました。

Swami Premanandal_lingams

その後も様々な時間帯にリンガムが現れ、お祭りの期間中に、全部で14個見つかったようです。

http://mgz.sharejapan.org/2017/04/signs/489

テーマ: スピリチュアル・ライフ  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page

ジャガイモに十字架 



2016年8月22日、カナダのケベック州の老人ホームで、調理用に切られたジャガイモに十字架が現れました。

http://mgz.sharejapan.org/2017/05/signs/523

シェフのアライン・レベスキー氏はいつもは横に切るのに、このジャガイモに限って、たまたま縦に切ったとのこと。

十字架を見て、すぐに宗教的な徴だと思ったらしいです。

「彼は信じられないほど驚いていました」と老人ホームの住民会長エミリエン・モリン氏は取材陣に話しました。

敬虔なカトリック教徒であるホームの住人は「聖なるジャガイモ」の保存を望んだので、一か月くらいかけて乾燥することにしたらしいです。

皆が近くで鑑賞できるよう、特注のディスプレーケースに入れ、食堂に展示することを決めたとのこと。

十字架を見ると、ホームの住人たちは安心感を覚るようです。

下の写真の左がシェフのレベスキー氏、右が住民会長のモリン氏です。


写真は下記サイトより
http://www.cbc.ca/news/canada/montreal/holy-potato-seniors-residence-quebec-1.3745333

テーマ: 雑学・情報  ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

△top of page

元気な姿 



上のベンジャミン・クレーム氏の写真は1991年、東京で行われた伝導瞑想ワークショップで撮影されたものです。

左の白い光は覚者からの祝福です。

写真はシェア・インターナショナルのサイトより
http://www.share-international.org/magazine/old_issues/2017/2017-05.htm#signs

昨年10月に他界したベンジャミン・クレーム氏が今年の春、元気な姿で目撃されたようです。

(もちろん、クレーム氏の霊が現れたということです。)

フランスで伝導瞑想をしている女性のM-A.A氏が、2度クレーム氏を見た時の様子を手紙に綴っています。

下記サイトの「懐かしい顔」の題名の下に手紙があります。
http://mgz.sharejapan.org/2017/05/letters-to-editor/520

一回目の目撃は3月11日のパリでのミーティング中。

フランス版のシェア・インターナショナルの販売について話し合っていた時です。

誰かが「特に今は、ベンがもういないのだから」と言った途端、M-A.A氏はクレーム氏が自分の目の前に立っているのを見ました。

2回目は4月1日、シェア・インターナショナル誌裏表紙写真展の開催中。

M-A.A氏は展示会場が来場者で一杯になっているのを頭の中でイメージしていたとのこと。

目を開けると、クレーム氏が展示会場の入口に立っていました。

クレーム氏はより若く健康的で、M-A.A氏を見ていたとのことです。

テーマ: 生き方  ジャンル: ライフ

[edit]

△top of page